北海道釣りツアー(山岸の目線で書くと・・)

行ってきました北海道。

5月21日から24日にかけて

屈斜路湖の鱒を丘っぱりで釣ろうツアーです。

21日は午後着のヒコーキで釧路市街泊。
夕方ちょっと時間があったので釧路の港へ
私を除く4人は釣竿を持って。
みんながワームで底をとってカジカを釣り上げる中、
私は1人パイプを吹かして港の男気取り
鮭稚魚も沢山見受けられました。

22日は目的の屈斜路湖へ
最初のポイントでトラウト初挑戦のO氏が
数投で45アップのアメマスをヒット
ジャンプもなんのそのキャッチしちゃいました。
幸先よいと思いきや、その後誰も続かず、
3人は川へ移動。
私ともうひとりは広大な屈斜路湖の対岸へ移動。

ヒグマ出没ポイントにて木に登るO氏

全員泣かず飛ばずで夕方、南祐二さん(マロミノーの方)と合流。
南さんも久々にルアーロッドを持ってマロミノーをキャスト
南さん同行の方が40アップのレインボー、
K氏が40アップのアメマスをキャッチ。
Y氏が尺越えのアメマスをキャッチ。
屈斜路湖初日は暗くなりタイムアップ。


Y氏自作ミノーでアメマスキャッチ!


南祐二氏と山岸

摩周の宿に戻って、近所の南さんのフライショップ・マロへ
ハンドメイドルアー談義、釣り談義で盛り上がったまま就寝

マロミノーと記念撮影(つむルアーも混ぜてもらいました)

23日は雨の中、前日南さんに教えてもらったポイントへ
ヒグマに警戒しながらキャスト開始。
午前中は私の12cmミノーに15cmほどのアメマスのみ。
沖で頻繁にライズがあるもののどうやっても届かず

午後1時過ぎに阿寒湖で40アップのアメマスを1本獲った3人が合流。
トラウト初挑戦のO氏がまたもや数投で
45がらみのアメマスをキャッチ
参りました
その後は活性が上がったのか54cm(K氏)を頭に
5人で40アップを10本前後キャッチ
尺がらみはその倍ぐらいキャッチできました。


アメマス44cm


またもやアメマス44cm

最終日も前日ほどでないものの45前後のアメマスが数本獲れました。
レインボーと超大物は釣れなかったものの
素晴らしい景色の中、素晴らしい魚体のアメマスを拝むことができ、
大満足の釣行となりました。

ヒットパターンはいろいろ

1.ミノーのジャーキング(私)
2.ミノーのミディアムリトリーブ時々トウィッチ
3.シンキングペンシルのスローリトリーブ時々トウィッチ
4.スプーンのスローリトリーブ
などであります。

おまけ:湖岸で発見!天然シイタケ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です